演出やアイテムにこだわったウエディング。ゲストにも喜ばれるウエディングPlan

新郎新婦だけではなく、見る人に感動をつたえることができるウエディングができるように、準備を進めていくことで、結果自身たちがより幸せになれるのではないでしょうか。

ゲストに喜ばれる引き出物

結婚するふたりが決めなくてはいけないものが多くあります。
全てにおいて悩むことが予想されますが、その中でも、結婚式場選びと引出物を選ぶのは特に悩むことが多いようです。

引き出物を渡す人の年齢層も違えば、趣味なども全く違う人がおおいのですから、全ての人に、満足いただける商品を探すというのは不可能だと言えます。

そんな現状もあり、最近では、ゲストによって引出物を贈り分けするようになりました。
年齢や性別によって贈りわけをすることで、ゲストに喜んでもらえる品を贈ることが可能になるのです。

基本的には、通常なかなか自身では購入しないものを選ぶふたりが多いようです。
また、新郎新婦との関係の深い方などへの配慮などもできますので、いいのではないでしょうか。

形式にこだわらず、ゲストによろこんでいただける品を贈ることで、さらに相手との関係がより深まるのではないでしょうか。

結婚式の引き出物の目安とは

結婚式の引き出物の中身は、一般的には物プラス引き菓子です。引き出物の料金の目安は、ご祝儀の10分の1です。これはお菓子を入れた金額ではなく、あくまで引出物だけでご祝儀の10分の1と考えます。

会社の上司や先輩の場合は、5,000円程度の物を用意しましょう。会社の同僚や友人の場合は、3,000円程度の物を用意しましょう。親族の場合は、だいたい10,000円程度の物を用意しましょう。

親族の場合は、ご祝儀を先にもらえる場合も多いので、金額を見てから物を購入しても問題ないでしょう。引出物はご祝儀に対してのお礼と考えましょう。

引き出物で人気のもの

近年の引き出物の中で人気の傾向にあるものとして、カタログギフトが挙げられます。

カタログギフトなら、ゲストが自分の欲しい商品やサービスなどを自由に選ぶことが可能なため、ゲストに喜ばれる方法となるでしょう。また、商品だけではなくレストランや温泉などの招待券などもあり、さまざまなことを体験することができますので、人気のあるものになります。しかしながら、新郎新婦が渡したいものがあるようであれば、それらを採用してもいいでしょう。新郎新婦の結婚式になりますので、二人らしい方法でおもてなしをすることをおすすめします。

引き出物は新郎新婦との関係性で贈り物を分ける

最近の引き出物の傾向には、結婚式や披露宴に来ていただいた方の新郎新婦との関係性によって、贈り物を分けている方が増えているといいます。

友人や同僚の場合ですと、年齢が近いことが多いでしょうから、新郎新婦の好みから選ぶのもいいでしょう。また、上司や親族などの場合には、ご祝儀の金額が大きいことが予想されるものですから、品物の質にこだわった高級さが感じられる物を贈られてはいかがでしょう。

悩んだり迷った時には、カタログを引き出物にされるのもいいでしょう。特に遠方から来ていただく方には、おすすめしたいものです。

引き出物の熨斗の意味

結婚式で招待客がいただく引き出物にはさまざまなものがあります。それに必ずと言っていいほどついてくる熨斗にはどんな意味があるか知っていますか?昔の話、儀式や祝儀で用いられた高級食材である熨斗鮑を模したもの、または名残になります。

今で言う熨斗は縁起物として慶事用になっていて、主に結婚式の引き出物や内祝いの品にかけて使用されます。婚礼の場合の熨斗には10本の水引で、結び切りという結び方がされ、十分に固く結ばれる、結ばれたら切れない、という意味が込められています。また、婚礼の品での熨斗の書き方として、家と家の結びつきの考えから、新郎新婦の姓を書くことが多いです。

引き出物と指輪

相場を考慮して引き出物を決定
家族だけの挙式と引き出物
引き出物
伝統を考えたい引き出物
結婚指輪えらびは余裕をもって
積極的に利用したい婚約指輪

結婚式の引き出物や結婚式場やウエディングについての情報を今後増やしていく予定です。

結婚式の引き出物や結婚式場やウエディングの情報以外のお問い合わせはこちら