演出やアイテムにこだわったウエディング。ゲストにも喜ばれるウエディングPlan

新郎新婦だけではなく、見る人に感動をつたえることができるウエディングができるように、準備を進めていくことで、結果自身たちがより幸せになれるのではないでしょうか。

相場を考慮して引き出物を決定

友達に贈るプレゼントと、ウエディングの際に贈られる引き出物というのはやはり異なります。

プレゼントであれば、自分が贈りたいと思う物を贈ればいいですが、引き出物となればまた別です。価格なども気になってくる所ですね。できれば相場などを把握しておき、その価格に当てはまる様に品を選びたいですね。

安すぎてもゲストが物足りなくなってしまいますし、高い物をたくさんのゲストに贈っているとかなり費用がかさむ事になります。ゲストが気を使う事もあります。

この様にいろんな事を考慮すると、やはりできるだけ相場の価格に近い方がより理想的ではないでしょうか。また、価格がある程度決まっていると、選択肢が狭まり決定しやすい事でしょう。

費用は安く、組み替え自由な引き出物選びなら

同じ引き出物なら、できるだけ安く抑えたいと考える人は多いはずです。

バリエーション豊富な商品の中からお二人が好きな商品を選んでおくだけで、後日ゲスト宅に引き出物として贈られるるシステムがあります。

式場で渡すとなると、持ち込むだけで費用がかかりますし、専用の袋も準備しなくてはいけません。また、遠方からくるゲストの荷物の負担も考える必要があります。このシステムなら、ゲストによって商品を組みかえることができますし、他のお店で買った商品も一緒におくることができるので、特別なゲストには、少しこだわった品を贈ることもできます。

2人で引き出物を選ぼう

結婚式を挙げる上では2人で決めていかなければならないことがたくさんあります。その内の一つが引き出物なのですが、こちらは上司などにも贈るものになるためすぐ決まりそうで、迷ってしまうものの一つです。

特に女性は友達であれば誕生日プレゼントなどをあげているのでなんとなく趣味嗜好がわかるので、選びやすいですが、問題は新郎側だったりします。そういった場合にはカタログギフトにすると非常に楽です。

カタログギフトであれば値段別になっているため、上司・同期・友達で区別することもできますし、自分で選んでもらうため、いらないものを贈りつける心配もありません。

引き出物にはカタログギフトを

結婚式の引き出物は、意外と決めるのが難しいものです。男性側と女性側では意見が食い違いますし、両家の親がそこに加われば決まるものも決まらないといった状況になりかねません。そういった場合に選びたいのが、カタログギフトです。

確かに物を贈るよりも気持ちがこもっていないと思われがちですが、贈られた側が自由に選べるというメリットもありますし、新郎新婦とゲストの方のセンスが合わないともらった側が困ってしまうという問題も解決できます。最近では種類も豊富ですから、ゲストの方が欲しいと思えるものを自由に選べるカタログギフトは、引き出物には最適と言えます。

結婚式の引き出物を決めよう

結婚式では決めなければならないことが沢山あるのですが一番問題になってくるのが、引き出物です。こちらは必ず用意しなければならないもので、一体どのよう決めていけばいいのでしょうか?一番楽なのは結婚式場で発注してしまうことです。

なぜこちらが楽なのかと言いますと、発注から納品まで全てプランナーさんが面倒を見てくれるからです。もし個人で購入したいとなるとまず購入をして、それを家に届けてもらって、支払いをして、さらに式場に持ってくるという段階を踏まなければなりません。忙しくてそこまで手が回らないよという人には手間ですよね。

引き出物と指輪

家族だけの挙式と引き出物
引き出物
伝統を考えたい引き出物
ゲストに喜ばれる引き出物
結婚指輪えらびは余裕をもって
積極的に利用したい婚約指輪

結婚式の引き出物や結婚式場やウエディングについての情報を今後増やしていく予定です。

結婚式の引き出物や結婚式場やウエディングの情報以外のお問い合わせはこちら